シンガポールで日本企業のASEAN進出と貿易事業を支援する

URV Global MissionSingpore PTE.LTD.
アメリカ合衆国で、2018年「クレイジー・リッチ」というコメディ映画が話題になった。
この映画は、ケヴィン・クワンの「クレイジー・リッチ・アジアンズ」という小説が原作になっている。
アメリカ人女性が出会ったアジア人が、シンガポールの大富豪だった、というラブコメディ映画だ。

ひと昔前、アメリカのこの手の映画で描かれる大富豪は、「星の王子様」のようなアフリカの王族であり、あるいはアラブの王族だった。
今や、アメリカ人女性が思い描く「玉の輿」先は、シンガポーリアン、というわけだ。
シンガポールは、国民一人当たりのGDPが、アジアで最も高い国。所有資産が、10億円を超える家庭が全世帯の10%もある。アジアで最も国民がリッチな国家だ。
面積は、東京23区とほぼ同じという小国。

1965年に、マレーシアの一州から独立し、天才的な指導者リー・クアンユーの元で、奇蹟的な経済成長を達成。1990年代には、「アジアの龍」と称される、香港・ソウル・台北と並ぶ経済成長エリアとなり、その後、更に、これらの都市を独自の国家構想で引き離した独特の国である。
2018年に、第一回米朝首脳会談がシンガポールで行われた。これは、アメリカ合衆国が、北朝鮮の金正恩氏に、シンガポール型の独裁国家としての発展を提案するメッセージだったと言われている。

このシンガポールには、そのグローバル経済の地政学的な位置づけと、国際金融センターとしての位置づけから、世界のヒトとカネが集まる。加えて、この経済成長を達成した最大の要因と言われる、優れた教育システムが存在する。
ASEAN諸国に溢れ出す、活力ある若者たちは、シンガポール・ドリームを抱いて、この地を目指し、隣国である将来の経済大国インドネシア企業からも、熱いビジネスの視線が注がれている。
このシンガポールで、主に日本企業の進出と、貿易による販売の拠点を担うのが、URVグローバルミッション・シンガポール社だ。

その社長は、フランス人のご主人と結婚し、3児の母として育児をこなしながら、シンガポールと日本の間を飛び回る、凄腕の女性らしい。
ということで、URVグローバルミッション・シンガポールの本社が入る、シンガポールのワンフラトンのスターバックスカフェで、五十嵐社長にインタビューした。
ワンフラトンは、シンガポールの象徴 マーライオンの真後ろにある、シンガポールの超一等地のビル。眼前には、マリーナベイサンズが煌めいている。

あわわの師さん本日は、URVグローバルミッション・シンガポールの五十嵐社長にお時間をいただき、お話をお伺いいたします。五十嵐社長は、家庭を持って、3児の子育てをしながら、日本とシンガポールの間を行き来されているとお聴きします。ご多忙のところ、お時間をいただき、ありがとうございます。

五十嵐社長:いえいえ。
こちらこそ、わざわざ、東京からシンガポールまで、取材にお越しいただき、恐縮しております。

シンガポールに移住するまで

あわわの師さん早速ですが、まず五十嵐社長が、何故、日本人でありながら、このシンガポールに会社を興されたのでしょうか?

五十嵐社長:私は、大学卒業後、リクルートグループの情報誌制作会社に新卒で入社し、月刊誌、週刊誌などの媒体制作を担当しておりました。

子供のころから、生徒会活動や学級委員をやるような、どちらかというと、リーダーでいることが多い女の子で、入社先では、周りを巻き込みながら、ゴールへ向かっていくという仕事が、とても性格にあっていたと思います。

そんなことがあったからだと思いますが、私の上司から、次の挑戦をしてみないかとの話を、新しい会社を作るという段階でいただき、ベンチャー企業の世界に飛び込みました。

今の夫との結婚を機に、その会社を変わりましたが、以来、ベンチャー企業での仕事を続けて参りました。

契機になったのは、2011年の東日本大震災でした。家庭の安全という観点で、日本は大丈夫なのか、ということを、フランス人の夫と話し合いまして、シンガポールに住まいを移しました。

これが、シンガポールに住まうきっかけになりましたね。

家庭と起業

あわわの師さんシンガポールで、家庭を持ちながら、起業をされたのは、どんな理由からですか?

五十嵐社長:私は、日本の独身時代の仕事では、かなり、「キャリアウーマン」的な強い性格の女性だったように、今から思うと感じます。男性と張り合い、仕事中心の生活を当然と感じ、仕事が出来ない部下や後輩を想いやる心が、足りなったと反省することもあります(笑)。

そんな私が、外国で、家庭を持ち、子供を育てることになって、母親という視点を持ち、自分のとがっちゃっていたところが、いい具合に丸くなってきたと思えるのです。

子供を持てば、仕事に割ける時間は有限ですし、仕事で嫌なことがあったから、呑みにいっちゃえ、っていうのもできません(笑)。

夜、遅くまで仕事をしていても、子供は、朝、5時くらいには、起きてきちゃいますしね。

家庭を持って、はじめて、私は、ハンディを持ったヒトの視点から、仕事や会社をみることが出来たように感じました。

「あ! 寧ろ、家庭を持った今なら、逆に、自分の会社を経営し、部下の立場に立って考え、成功できるかもしれない」

そう思ったのです。

あわわの師さん今のお話。とても、よいお話で、日本の働く、多くのお母さんたちに、聴かせてあげたいですね。

家庭を持ち、子育てをして、ハンディを持ったからこそ得られた視点で、自分の会社を起業し、成功させられるというのは、今後の日本の女性起業家にとって、とても参考になる考え方だと思います。

何故、シンガポールで起業したのか?

あわわの師さんさて、起業までの道筋を教えていただけますか?

五十嵐社長:私が、まだ日本にいた時、弊社の属する企業グループであるURVグローバルグループの、松本CEOとお目にかかりました。

松本さんは、当時、日本の大手企業グループの海外進出コンサルティング会社の取締役をされておられ、女性の活力を海外事業に活かす視点で、様々な女性と会っておられました。

ベンチャー時代の同僚だった方から、松本さんをご紹介いただき、私も、日本で松本さんにお会いして、何度か、お食事をご一緒していました。

シンガポールに私が渡り、個人事業主の許可を得た後、松本さんのシンガポールの仕事上の視察やテクニカルビジットで、私が、松本さんをご担当致しました。そんなことがきっかけで、松本さんの、シンガポールビジネスの情報収集担当としての仕事をお引き受けしたのです。

この仕事が発展し、松本さんから、出資をするから、自分の会社をシンガポールに創ってみないか、と、いうお話をいただきました。

私は、家庭も持っていますし、仮に起業をするとしても、私の個人の力や、資金では、とても、事業を進めて行けません。URVグローバルグループは、松本さんが、日本とアメリカで、長年に亘って積み上げてこられた、お客様や経営資源を持っています。

「あなたの自立した個としての力を、グループが持つ力に有機的に連携させることで、事業を進めましょう」とお話いただき、URVグローバルグループの会社の経営をお引き受けしました。

あわわの師さんシンガポールという国と、日本。事業の環境としては、どう違いますか?

シンガポールのオフィス街

五十嵐社長:シンガポールは、法人税が安いというタックスヘイブンばかりが注目されますが、それだけでなく、ASEANの中心都市として、優秀なヒトが集まっているというメリットがあります。

子育てをしていると、本当に痛感するのですが、シンガポールの学校教育は、本当に厳しいです。徴兵制もあります。

日本の若者にはない、非常に緊張感のある教育の中で将来の成功を目指す気質が、若い国民にみなぎっている国です。

その意味で、よいヒトが採れないという日本企業の課題を、シンガポールは、解決できる国だと私は思います。

ベトナムやインドネシアというASEANの有望国は、外資規制が激しく、外国人が中小企業を経営するには、非常に難しいですね。

その点、シンガポールは、現地のダイレクターさえ用意できれば、外資でも、受け入れてくれます。

弊社では、現時点では、親会社である日本の株式会社URVプランニングサポーターズと連携をした、日本企業のASEAN進出支援事業、日本企業の視察旅行事業、貿易事業の3本の事業を柱にしています。今後、企業のASEAN諸国での、マーケティング支援も事業を進めたいと思っています。

あわわの師さんでは最後に、五十嵐社長の、事業に向けた抱負を教えてください。

五十嵐社長:まずは、仕事を一つ一つ、丁寧に仕上げていくことに集中したいと思います。

どこの国の企業でも、外国に出ると、自分の国とは全く勝手の違うことにぶつかり、困惑すると思いますので、日本企業のそのような困惑することを、丁寧に解決することに手を貸す。これが、まずは重要だと思っています。

あわわの師さんありがとうございました。
今後のご発展、期待しております。

五十嵐社長:こちらこそ、ありがとうございました。
お気をつけて、日本にお帰りください。

【インタビューを終えて】

子育てというハンディから生まれた「よき経営者」

五十嵐社長とのインタビューを終え、私は、観光客で溢れかえるマーライオン公園から、独り、シンガポールリバーサイドを歩いた。

国際金融センター シンガポールを象徴する超高層ビル群がリバーサイドに広がる。

私がお会いする働く女性には、仕事と子育てを、どう両立するかに努力を払われている方が多い。男性との比較で、ハンディをどう克服するか、という点に、努力を払われ、子育てのハンディを仕事に影響させないことに、多くの働く女性が苦心されている。

しかし、五十嵐社長は、寧ろそうではなかった。

自由な独身時代の五十嵐社長は、きっと、今よりも、ずっと激しい性格の、女性ビジネスマンだったのだろう。

他の人も、自分のように出来ることが普通であって、自分の出来ることが出来ない後輩や部下をみて、それが理解できない、というのが、「出来る人たち」の感覚だ。おそらく、五十嵐社長も、かっては、そういう「出来る人たち」の思考をされる方だったのではないかと感じた。

しかし、この「出来る人たち」というのは、サラリーマンの「出来る」人たちに過ぎない。経営者になった時には、そのような「出来る人」の経営する企業は成長しない。

よき経営者は、自分の組織に入る、すべての部下の力を発揮させ、チームの連携を創り出し、組織として、最高のパフォーマンスを生むことに長けているものだ。出来ない人の立場と目線に立ちながら、組織として、個人の力の不足を補ってこそ、優れた組織なのだ。

五十嵐社長は、結婚し、シンガポールに家庭を移され、子育てをされた。

当然、海外での生活や子育ては、日本にいるのとでは、その困難度は全く違うだろう。

モノゴトが、上手くいかないほうが普通で、上手くいったら、よかったね、というのが、海外で暮らしたことがある人が誰でも抱く感覚だ。

そのような海外での子育てを通して、五十嵐社長は、出来ないヒトや、ハンディを持った人の気持ちに立つことを学ばれた。

人間として、大きな成長をされ、「出来るサラリーマン」から、「よき経営者」に脱皮されたのだ。

シンガポールは、マレーシアから独立したとき、大きなハンディを背負っていたと言われる。

小さい国土、少ない人口。リー・クアンユー氏は、このハンディがあったからこそ、国民の力を結集し、国民のすべてを経済的な戦力に変え、世界からヒトとカネを集めて、アジアで最も豊かな国を創ったのだ。

ハンディがあるからこそ、最も強い組織を創れたシンガポールに、五十嵐社長の生き様は、とてもよく似合っている。そう感じた。

URV Global Mission Singapore PTE.LTD. サイトURL

https://urv-group.com/urv-gms/

URVグローバルグループ グループサイトURL

https://urv-group.com

関連記事

  1. 起業編 第8話「決断の要因」

  2. 起業編 第7話「Departures」

  3. 銀座を代表するオートクチュール企業を承継する若き女性社長が挑む、「お受験スタイル」というマーケット

  4. 起業編 第2話「人材紹介」

  5. 名古屋発貸会議室企業の社長が取り組む、中国優良企業との提携戦略

  6. 韓国クラウドビジネス編 第2話「商機」

  1. 水泳を通して、子供たちやシニアの、健康と未来の夢を叶える教育を…

    2019.11.19

  2. 韓国クラウドビジネス編 第2話「商機」

    2019.11.13

  3. リテンションマーケティングって、どうやればいいの?

    2019.10.18

  4. 韓国クラウドビジネス編 第1話「スタートアップ」

    2019.09.05

  5. 日本のお風呂を幸せ空間に演出する、お風呂造りの専門企業

    2019.09.01

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!