第1話「出会い」

渋谷・宮益坂の緩い傾斜を登っただけでも、9月の東京の熱気で、スーツの内側に汗がべっとりと纏わりつく。

ワイシャツの襟元に汗が溢れる。

午後の時間、こうして都心の路をしばらく歩いていたら、ネクタイの結び目が、汗を吸って、コンクリートのように凝固するだろう。今夜は、これを解くのに一苦労するに違いない。

黒の上下のスーツに、ブルーの麻のネクタイをきつく締めた姿の20代中盤の男。

宮益坂の午後2時。

まだ茹だるような熱気の中、この漢、山之辺伸弥は、宮益坂を青山方面に歩いていった。緩い上り坂。

道ですれ違うビジネスマンで、スーツの上着にネクタイを締めている奴は誰もいない。

渋谷郵便局を過ぎる。ようやく宮益坂を登りきる。

油蝉の鳴き声が耳に染み込んでくる。秋の訪れの気配は、まだまったく感じられない。

宮益坂上。先方にある青山学院大学の正門が熱気でかすむ。青山通りから、渋谷スクランブル交差点方面に斜めに右折する車が、一斉に走り出してくる。

山之辺は、スーツの内ポケットから、スマートフォンを取り出し、グーグルマップで、目的のビルの位置を再確認した。

アポイントの時刻 14時には、まだ30分ほどの時間の余裕があった。採用面接では、アポイントのジャストの時間で、オフィスの受付の電話を鳴らすのがよい。

遅刻は論外。

一方で、早すぎても面接担当者が、前の業務を終えていなければ、印象を悪くしてしまう。14時きっかりに、受付に訪問するため、30分前に訪問先のビルの一階入り口に行き、指定のフロアーにその会社が間違いなく入居することを確認することが採用面接の、訪問の基本だ。

今日の訪問先は、採用企業ではない。その採用企業を紹介してくれる人材紹介会社だ。

しかし、人材紹介会社は、採用企業の人事責任者と、強い人脈を持っていることが多い。ある程度、高度な人材を求人する場合、多忙な企業の人事責任者は、初期の人選を、信頼できる人材紹介会社のエージェントに任せたり、その意見を尊重することが多い。

つまり、人材紹介会社は、採用企業に発言力を持っていることも多いのだ。だから、人材紹介会社を訪問するときにも、採用企業の面接と同様に配慮をするのが、応募のコツだ。

都内の私立大学 中明大学を卒業してから、3年間。山之辺は上場の住宅メーカー積山ホームで、個人向け営業を積み上げてきた。

注文住宅営業部門で、個人の住宅建築営業を担当してきた山之辺は、アポイントの30分前には、必ず約束の場所に到着する営業訪問の癖がついていた。いつもの営業であれば、そうして、訪問先の顧客の家の前で、その顧客の今の家を眺めながら、これから始まる商談のセールスストーリーを頭の中で反芻する。顧客の今の暮らし方を頭に浮かべながら、今日の商談のポイントを確認し、商談戦略を練るのだ。

しかし、今の山之辺にとって、その積山ホームの仕事は既に過去のものになっていた。山之辺は、この7月に積山ホームを退職している。

午後2時。山之辺は、訪問先の会社の受付にたって、受付の受話器をとった。

「はい、株式会社バリューフェス・キャリアの受付でございます」

透き通った声の、20代の女性が受付の電話を受けたようだ。

「恐れ入ります。人材紹介をいただく件で、御社のキャリアコンサルタントの方と、14時にお目にかかることになっております、山之辺と申します。」

山之辺は、そつのない営業マンらしい口調で受話器に向かって、そう応え、誰もいない受付に向かって丁寧にお辞儀をした。

例え、受話器の向こう側にしか、相手がいなくても、山之辺は、常に、目の前に相手がいるかのように、礼儀正しくする。このような態度は、声になって、相手に伝わるものなのだ。競合が激しい住宅営業の世界で、他の住宅メーカーの営業マンから、一歩先んじて顧客の信用をえるために、山之辺は、あらゆる営業上のアクションを細心に計算して行動に移すことができる漢だった。

だからこそ、住宅メーカーシェアートップの最大手企業 積山ホームで、数千人いる営業マン中、新卒から数年間で、トップ成績の優秀社員表彰を毎年受け続けることができるようになったわけだ。

受付で待っていると、ほどなく、オフィススペースのドアが開いて、小柄な20代の女性社員が現れた。切れ長な目をした、面長な顔。アニメのなかに登場する、綺麗な女性のような面もちだ。

「お待ちしておりました。私、山之辺様とメールをやり取りさせていただいておりました溝口香里と申します。本日は、山之辺様に、弊社の代表取締役が、直接、お話をお伺いしたいということになりまして、通常の人材紹介事業部の会議室ではなく、代表の部屋にご案内させていただきます。」

山之辺は、積山ホームを退職した後、人材紹介会社のエージェントが人材募集案件を登録する専門サイトで職を探し、そのいくつかに、自分の履歴書や職務経歴書を送っていた。

その中で、会社名非公開の営業管理職の求人案件を出していた、株式会社バリューフェス・キャリアに対し、その案件に応募したい旨のメールを送ったのだ。

すぐに返信されてきたメ-ルの要求に従って、株式会社バリューフェス・キャリアに自分の履歴書と職務経歴書を送った。幾度かのメールのやり取りの後、株式会社バリューフェス・キャリアから、山之辺に直接お会いして、お話をしたいという連絡があり、結果、本日の14時にアポイントが決まったというわけだった。

調べてみると、株式会社バリューフェス・キャリアは、通信機器の販売を主力事業とした一部上場企業である、株式会社バリューフェスの100%子会社だった。

役員をホームページで調べてみると、代表取締役は、親会社である株式会社バリューフェスの取締役を兼任する、阿部洋次と表示されていた。

そこまでは、来社までに調べていた。

しかし、まさか、一部上場企業の取締役を兼任する人材紹介会社の社長が、一介の求職者である山之辺に直接会ってくれる、とは、思ってもみなかった。

少し戸惑った山之辺の先を、溝口香里は先導して歩き、社長室と標識が書かれた部屋をノックした。

「山之辺様、お越しになられました。」

溝口香里がドアを開けた部屋の入口に立ち、山之辺は、部屋の中に向かって深くお辞儀をした。

「ご多忙の中、阿部社長様にお目にかかれ、光栄です。私、山之辺伸弥と申します。」

訪問前に、バリューフェス・キャリアの社長の名前を、事前に調べていることを、暗に強調した。

小振りな部屋ではあるが、入り口の正面には、新宿の高層ビル群がはっきりと見える大きな窓。その前面に、広い役員机が配置され、役員応接セットがどっしりと置かれている。

阿部は、その山之辺の挨拶に、満足したようだった。阿部は、最初の挨拶で、こいつは出来るな、という直感的な印象を山之辺に対して抱き、満足したようだった。

「ああ。山之辺さん。ようこそお越しくださいました。私が、社長の阿部です。」

名刺よりも先に、阿部から差し出された右手は、握手を求めていた。その右手に向かって、山之辺が自分の右手を差し出すと、阿部は、がっしりとした手でその手を握ってきた。

強いグリップだった。

「まあ、おかけください。溝口くん、コーヒーを入れてきて。さっきひいてもらった、コナコーヒーで入れて頂戴。」

「まず、旨いコーヒーでも飲みながら話しましょう。」

阿部洋次社長は、そういって、ソファーに自ら先に腰を下ろした。

関連記事

  1. ブロックチェーンってなによ?

  2. 健康経営を導入する「健康経営ラボ」

  3. 飲食業界全体から見た近未来ベーカリー 〜企業永続のための戦略的事業承継〜

  4. 老舗ベーカリーコンサル会社が出した、女性役員陣への事業承継の結論

  5. 第5話「密会(前編)」

  6. 第2話「人材紹介」