韓国クラウドビジネス編 第1話「スタートアップ」

表参道を歩くビジネスマンも、殆どがスーツ姿となり、固くネクタイを締める季節となっていた。

その表参道のインテリジェンスビルの最上階に入る、株式会社バリューフェスの本社。

既に、大井川社長が使用する社長室の入口に、新たな業務スペースが設けられ、真新しい机と椅子が配置されていた。

天井から下がった部署を示す掲示には、「社長室 コンサルティング・デビジョン」と記載されている。バリューフェス・キャリアから移動されてきた役員が使用する、阿部洋次の机の前には、2つの机の島が、今日からの稼働に備えて配備されている。

一つの島には、「経営コンサルティング・セクション」と看板に記載され、もう一つの島は、「海外進出コンサルティング・セクション」と表示されている。

「経営コンサルティング・セクション」の机に座っているのは、株式会社バリューフェスの各部署から、本日付けで異動してきた社員たち。旧知の彼らは、親しげに着任の挨拶をかわし、スターバックスから買ってきたコーヒーを片手に談笑をしていた。

一方、既に、「海外進出コンサルティング・セクション」の机には、誰も着席していない。

始業時間である9時の、2時間前の朝7時から、全員が出勤し、会議室に入って、早朝会議を開始していた。

バリューフェス本社には、受付エリア前に、10室の会議室が設置されている。

この会議室の一つに、「海外進出コンサルティング・セクション」のメンバーは、今朝、集まっていた。

昨日付けで、株式会社バリューフェス・キャリアの代表取締役を退任し、本日付けで、「経営コンサルティング・デビジョン」取締役デビジョンヘッドに就任した、阿部洋次

同じく本日付けで、株式会社バリューフェス営業システム部長から、「海外進出コンサルティング・セクション」執行役員セクションリーダーに異動になった、水谷隼人

本日付けで、株式会社バリューフェスに入社し、「海外進出コンサルティング・セクション」課長に就任した山之辺伸弥

そして、同じく本日付けで、大手通信会社を退職して、バリューフェスに入社し、「海外進出コンサルティング・セクション」主任に着任した、大井川茂。大井川茂は、一部上場企業である株式会社バリューフェスを一代で築き上げ、その最大株主でもある大井川秀樹の、一人息子である。

そして、本年の新入社員としてバリューフェスに新卒で入社して半年の、森隆盛

阿部が、バリューフェス・キャリアから連れてきた、紅一点、溝口香里

計 6名が会議室の机を囲んでいた。

阿部は、朝7時に全員の出社を命じ、スタートアップ初日から、早朝会議を招集した。

「海外進出コンサルティング・セクション」は、大井川秀樹の自由にできる事業予算から1億円を捻出し、これをイニシャルの資金として立ち上げた。しかし、事業の資金としての、1億円など、簡単に使い果たしてしまうはずだ。阿部は、それをよくわかっていた。

現在のバリューフェスの取締役会は、大井川秀樹社長と阿部を除くすべての役員は、既に、坂田将副社長の意のままに動く傀儡である。阿部は十分、それを計算していた。

坂田は、これまで、阿部と時折、対立しても、阿部を潰すことはなかった。それは、坂田が、入社の時から、阿部の部下であり、自分が阿部に育ててもらったことに遠慮があったためである。

しかし、今、阿部は、大井川の一人息子の茂を預かり、次期、代表取締役社長のポストを射程に入れた坂田に、「待った」をかける存在として立ちはだかった。

坂田も、ここからは、阿部に対して容赦はしないはずだ。

このコンサルティング・デビジョン。とりわけ、海外進出コンサルティング・セクションの展開する商戦は、阿部の、バリューフェスでの役員ポストをかけた闘いになることを、阿部は承知したうえで、この戦争を坂田に仕掛けたのだ。

バリューフェスでは、坂田に潰されることを恐れ、阿部と、阿部が外資系大手のIGM社からヘッドハンティングした、水谷隼人執行役員以外、既に誰も坂田に反論できる者がいなくなっている。

阿部は、これ対して焦燥感を覚えた、大井川秀樹の意向を受けて、今回のコンサルティング・デビジョン事業の戦略を立案してきたのである。

だからこそ、阿部は、バリューフェスの幹部で、唯一、坂田を恐れない執行役員の水谷と、外部から引き抜いた山之辺を配置して、この戦いの将軍として配置したわけだ。

そうであるなら、リミットは、イニシャルの事業予算である1億円の尽きる時だ。

これがなくなれば、坂田は必ず、阿部の責任追及を取締役会で行い、今度こそ、阿部は、取締役を解任されるだろう。そうなれば、もう、バリューフェスは、坂田の独裁体制に落ちることになる。

従って、コンサルティング・デビジョン、とりわけ、海外進出コンサルティング・セクションの新規事業の成功は、阿部にとって、上場企業であるバリューフェスの中の、自らの未来をかけた闘いなのである。

従って、急がなければならない。何としても、海外事業に関する新規事業モデルをスピーディに構築し、収益をあげはじめなければならない。阿部には、時間がなかった。

阿部は、この状況を、水谷と山之辺をはじめとする全メンバーに、率直に初日の会議で語った。勿論、坂田と自分との確執には触れない。ただ、水谷には、よくその点も伝わっていたはずだ。

会議が終わりに近づいた頃、会議室のドアが、強くノックされた。

入ってきたのは、社長の大井川秀樹であった。

全員が、それを見て起立する。

にこやかな笑顔のすぐ下の、限りない攻撃性を隠し切れないのが、大井川秀樹だった。既に経済界に、大きな影響力を持っている大井川は、部屋に入ってくるだけで、周囲のあらゆるものを、帯電させる強い磁力を放つ人物だった。

その眼光に見据えられると、バリューフェスの社員の誰もが萎縮するほど、その眼は、強い力に満ちている。

この大井川秀樹に、真正面から意見を言えるのは、バリューフェスでは、坂田副社長と、阿部取締役だけであった。執行役員の水谷も、思わず、目を伏せた。

その大井川の眼を、山之辺伸弥は、しっかりと見返して、不敵な表情を浮かべている。

「みんな、初日の早朝から会議だって!
素晴らしい。さすがに、阿部取締役の選んだ精鋭部隊だ。
頑張ってくれよ。期待しているぞ。」

大井川は、バリトンの声でそう言うと、全員と、強いグリップで握手をし、会議室から出て行った。

「うわ!
大井川社長に、見つめられるだけで、怖いな。」

新人の森隆盛は、一人言を言いながら椅子に座った。

森隆盛は、この春、国立大学の教育学部を卒業した。学校の教師になんか、つまらんからなりたくないという理由で、バリューフェスに新卒で入社したのだ。

4月1日の入社式の日、全員が同じ黒のスーツで出社する新入社員の中で、ただ一人、グレーのスーツを着て、会社にやってきたという、異色の存在だった。

そして、新入社員の営業研修でも、圧倒的な営業実績をあげて、目立っていた。

それを、阿部が見込み、自分の部署に抜擢したのである。

会議が終わった。

山之辺伸弥は、部署に戻り、水谷に連れられて、本社の幹部たちに挨拶周りを済ませると、阿部の役員机の前に立った。

「阿部取締役。
これから、海外進出事業で役に立ちそうな、私の人脈に挨拶周りをはじめてもよろしいでしょうか?
色々と、ビジネスの種が生まれてくるのではないかと思うのですが。」

阿部は、笑った。

「勿論、OKだ。すぐに活動をはじめてほしい。よろしく。」

山之辺は、ホワイトボードに帰社時間を、21時と記入し、まだ談笑を続けている、経営コンサルティング・セクションの社員を一瞥し、本社から足早に出て行った。

関連記事

  1. 起業編 第5話「密会(前編)」

  2. シンガポールで日本企業のASEAN進出と貿易事業を支援する

  3. 銀座を代表するオートクチュール企業を承継する若き女性社長が挑む、「お受験スタイル」というマーケット

  4. 起業編 第2話「人材紹介」

  5. 日本のお風呂を幸せ空間に演出する、お風呂造りの専門企業

  6. 起業編 第7話「Departures」

  1. 韓国クラウドビジネス編 第1話「スタートアップ」

    2019.09.05

  2. 日本のお風呂を幸せ空間に演出する、お風呂造りの専門企業

    2019.09.01

  3. ベーカリー製パン職人のための、独立開業支援セミナー

    2019.08.22

  4. 起業編 第10話「陰謀」

    2019.08.12

  5. サブスクリプションって、何なのよ?

    2019.08.07

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!