生涯現役
闘い続ける高齢のビジネスパーソンたち

人生100年時代と、年金

あいりちゃんのりさん!
この間の連休に、私の実家で、家族みんなで温泉旅行にいったんです!
これ、のりさんへの、お土産のおまんじゅうです!

あわわの師さんおお!
温泉まんじゅうじゃな。
わしは、甘いもの、大好きなんじゃよ。

あいりちゃんそうですよね。
のりさん、「雲水」ですから、お酒、呑めないですものね。
だから、甘いもの、大好きかと思って。

あわわの師さんう! そ、そうじゃな(苦笑)
(雲水なのに、のりさんは、お酒が大好き…。ということを、あいりちゃんには、内緒にしているのりさんだった…。)
まあ、何はさておき、あいりちゃんの、おうちの旅行は、楽しかったかの?

あいりちゃんうちのお父さんが、定年退職で、それでお祝いの旅行だったんです。
これからは、年金生活ということで、今の貯えも少ないので、あんまり贅沢もできないとお母さんが心配しているので、お父さんがお母さんを元気づけようとして、お父さんのお小遣いで、家族みんなで旅行にいったんです。

あわわの師さんそうなのね。
年金生活というのは、確かに、今後、いつまで、今のままの年金が支給され続けるか、わからないからの。
サラリーマンを続けて、厚生年金を積んできた人たちも、将来の日本の財政を考えると、どの程度、年金が保障されるか、非常に心配じゃな。

あいりちゃん私、お父さんに、おカネの問題だけではなくて、今後の人生、まだ長いんだから、何か、働き続けることを考えたら…と、旅館でお食事しているときに、言ったんです。
お父さんも、そうしたいらしいんですけど、やはり、65歳を超えると、働く場所も、難しいみたいで。

子の事業を、親が支援するという、高齢者の働き方

あわわの師さんそうじゃな。
できれば、あいりちゃんが、自分の事業を大きくして、お父さんやお母さんが働けるように、仕事を提供してあげるのはどうじゃな。

あいりちゃんあ!なるほど。確かに、それ、いいですよね。
私も、お父さんやお母さんなら、安心して仕事任せられるし。
両親の経済的な支援にもなるし。

あわわの師さんお父さんやお母さんが、介護が必要になってから、介護をすることだけが、親孝行ではないよね。
人生が、定年退職後も長く続く今、むしろ、あいりちゃんのような若者が独立して事業を作り、ご両親が定年退職をした後に、ご両親に、働く場を提供し、適度な仕事を継続させてあげられる環境をつくるほうが、ずっと、親孝行ではないかと、わしは思うのじゃ。

ヒトは、やりがいを持たなければ、健康な身体や精神は維持できないのじゃ。
仕事とは、単なる収入をえるための手段ではなく、自己実現のための活動じゃ。

親から子への事業承継ばかりが、注目されておるが、その逆、つまり、子が事業を創業し、それを親が、これまで積んできた経験をもとに支援する、という、高齢者の働き方も、今後は、注目されてよいじゃろうね。

そして、それを目指して、あいりちゃんのような若者が創業することも、家庭を考えた、非常によい起業ではないかと思うのじゃ。

高齢者が実力を発揮できる職場を創出する起業

あわわの師さんまた、一方で、今後の日本のビジネスの現場では、若い男性の労働力を確保しづらい方向に、時代がどんどん進むことは間違いない。

若い外国人ですら、日本では、移民の制限の中で、十分に労働力の不足を補えるようになるには、政治的な葛藤を経験しなければならないのお。

そうなると、女性と並んで、期待されるのが、高齢者の労働力じゃ。現在の、各国の労働力人口には、高齢者が入っていないが、もし、70歳を超えて、多くの高齢者が元気に、年金に依存することなく働けるようになれば、日本は、高齢化が進んでも、依然、活発な社会であり続けることができるわけじゃ。

逆をかえせば、日本の経営者は、高齢者の可能性を見据え、高齢者が実力を発揮できる事業を創造し、元気な高齢者を戦力として活用できれば、人材不足を大きく補えることになる。

あいりちゃん生涯現役で、闘い続ける高齢者の方々が、日本の将来を元気にするわけですね。

  • 事業に取り組むビジネスパーソンに聴く

大学教授を定年退職し、65歳から、ご子息が社長を務める企業の生産部門でパズル職人に転身。今なお、仕事とお酒をこよなく愛する、魅力的でダンディなビジネスパーソン。

シャフト株式会社 工房長 清水 英典氏

シャフト株式会社 工房長 清水 英典氏
以前、代表取締役の清水健太郎社長を、IT教育を専攻する大学の講師からの独立された事業家としてご紹介した、シャフト株式会社。今回は、このシャフト株式会社の工房長であり、清水健太郎社長のお父様 清水英典氏のインタビューです。
清水英典氏は、現在、69歳。今年、古稀を迎えました。
若い頃、建設関係の仕事や、ホストまで、職を転々とされた後、心機一転、小学校の教員免許を取得されて、私立 明星小学校の教員にご就任。その明星学苑の、中東の小学校の教員など、海外での教育経験を積まれた後、玉川大学教育学部の教授にご就任された。小学校の教員から大学教授への転身という、かなり異色のご経歴の持ち主だ。
そして、65歳にて玉川大学教育学部教授をご退職された後、ご子息が経営されるシャフト株式会社の工房長に就かれ、69歳の現在も、オリジナルジグソーパズルの製造という、シャフト株式会社が誇る技術の責任者として、従業員を管理し、製造現場の最前線に立つ。今、日本人の40パーセント以上が、70歳を超えて働きたいという意欲を持つという調査結果が出ている。その成功事例ともいうべき、清水英典氏の生き様と、人生哲学をお聴きすべく、シャフト株式会社の、調布市にある、オリジナル工房にご訪問した。

続きを読む

  1. 特集「シンガポール」

    2020.07.21

  2. 韓国クラウドビジネス編 第6話「ビジネスモデル、稼働」

    2020.06.18

  3. 韓国クラウドビジネス編 第5話「ソウル視察出張 後編」

    2020.05.14

  4. リーダーシップとone nation From シンガポール

    2020.04.27

  5. 《無料セミナー》本気でサラリーマンから独立する!副業=ノーリス…

    2020.03.23

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!